'."\n";?> 温泉とは?|温泉情報が満載!温泉トラベラー
旅行情報満載! 温泉トラベラー

温泉の効能や、温泉地の紹介などを行っているページです!温泉について調べたい人たちに!
当サイトは、不定期更新にて、お届けしています。

温泉トラベラー トップ画像

トップページ > 温泉とは?

温泉とは?

私たちがよくイメージする温泉とは。ほとんどが、屋外で岩の中にできた、真っ白い”湯けむり”を発した温泉の湯の中で、遠くの景色を見ながら、ゆったりする・・・なんてイメージはありませんか?(それは自分だけ?)

温泉とは、地中から湯が湧き出してくる現象・または湯となっている状態・あるいは、そういった場所を示す用語の一つです。また、それを用いた入浴施設というのも一般に温泉と呼ばれています。

温泉には、地熱で温められた地下水が自然に湧き出るようなものと、ボーリングのような銃器などによって、人の手によって湧き出たもの、あるいは揚湯されたものも、どちらも”温泉法”の規定に沿う形であれば、それらは全て温泉ということになります。

この”温泉”というものは、”熱源”によって分類することができます。
火山の地下に流れるマグマを熱源としている”火山性温泉”と、火山とは全く無関係の”非火山性温泉”という2種類に分類することができます。”非火山性温泉”と呼ばれるものはさらに、地下深くになればなるほど、温度が高くなる、”地温勾配(地熱に近い部分になればなるほど温度が上がること。つまりは、深くなればなるほど温度が上がるということになります。)”に従い、高温となった、いわゆる”深層熱水”と呼ばれるものと、あるいは”熱源不明”のものに分けられています。または、特殊な例になると、古代の植物が積み重なった状態で亜炭に変化する際に、その熱によって温泉となった”モール泉”と呼ばれる温泉が、北海道に存在しているのだそうです。(十勝川温泉)。

”火山性温泉”というのは、当然ながら火山の近くにあって、火山ガスが起源となる成分を含んでいます。深層熱水は、平野や盆地の地下深部にあり、ボーリングによって取り出されることが多くて、海水がその起源となる”塩分”や”有機物”といった各種成分を含むことがあります。

”非火山性温泉”と呼ばれるものの中には、通常である”地温勾配”というものでは説明できない、高温のものがありまります。例えば、有馬温泉や松之山温泉などといった温泉が、それにあたります。

その熱といったものや、成分の起源については、いくつかの説が提案されていますが、これらはどれも”仮説の段階”であるということです。

温泉の成分などは結構知られているものかもしれませんが、”温泉の起源”というものは知っている方は少ないと思います。

次のページからは、温泉の種類についてお話したいと思います。

recommend

Last update:2019/8/2

  • トップページ
  • 温泉とは?
  • 温泉の種類 その1
  • 温泉の種類 その2
  • 温泉の種類 その3
  • 温泉の種類 その4
  • 温泉の種類 その5
  • 温泉地紹介 その1
  • 温泉地紹介 その2

温泉地へ行こう!

あなたにとっての旅行とはなんですか?休日に、ちょっと羽を伸ばしに遠くへ出かけてみたりとか、旅行が好きな人ならば、飛行機や新幹線に乗って乗って遠くへ旅行したり、または、海外へ旅行に出かけたりもすると思います。また、会社の休みの合間に旅行をする人や、まとめて数ヶ月〜一年単位の休みを作って、その間は日本全国・あるいは世界中を旅行する人もいると思います。観光地へ旅行へ出かける人もいると思いますし、自分の足で、ガイドブックだけを頼りに、自分の足のみで旅行をする人もいるのかもしれません。
その中でも”癒し”を求めていたり、体の調子が・・と嘆いているあなたは、どこかへ旅に出るより、有名な温泉の宿などに泊まって、心身を癒したり、料理を堪能したりと、ゆったりとした時間を過ごしたいと考えている方も多いかもしれません。
このサイトでは、特に温泉のことについて、色々なことを書いていこうと思っております。