'."\n";?> 温泉の種類 その5|温泉情報が満載!温泉トラベラー
旅行情報満載! 温泉トラベラー

温泉の効能や、温泉地の紹介などを行っているページです!温泉について調べたい人たちに!
当サイトは、不定期更新にて、お届けしています。

 

温泉トラベラー トップ画像

トップページ > 温泉の種類 その5

温泉の種類 その5

硫酸塩泉

この温泉には、”硫酸塩”が含まれています。
” 硫酸”と聞くと、一見危険な物質という様にも聞こえますが、実際にこの温泉に含まれる、硫酸ナトリウムや硫酸マグネシウムといった物質は、人間には無害な物質で、危険な温泉ということはありませんし、硫化水素泉のように、臭いニオイもしません。この硫酸塩泉という温泉は、特別温泉に入るを禁じられてしまっている人以外には、これといって害が無い、無難な泉質となっています。むしろ、家庭用の入浴剤の多くは、この硫酸塩泉と似たような組成なので、安心な温泉であることが分かります。

特徴は、味に苦味のあること。血行を良くする働きもあります。
入浴効果は、外傷・痛風・肩こり・腰痛・神経痛などの効果があるとされています。また、飲泉を行うと、便秘やじんましんに効くとされています。

この温泉の成分である硫酸塩は、硬くなった肌を柔らかくし、動きやすくする働きを持っています。ですので、痛風や神経痛の症状に効果が高いとされています。また、硫酸塩の中でも、硫酸カルシウムを多く含んでいる泉質の場合は、触感がとろりとした滑らかなのが特徴です。

放射能泉

これまで紹介してきた温泉の種類の中でも異質なのがこの”放射能泉”でしょう。この温泉には、微量のラジウム、ラドン・アスタチンや、水銀など、いわゆる原子核崩壊によって生じる「放射性同位体」と呼ばれる物質が含まれます。
一般に「放射能」というと、 危険なイメージを持ちがちですが、この温泉が放つ放射線は、人体に悪影響を及ぼす可能性は小さいとされていて、むしろ体に良いのではないかと考えられているくらいです。(免疫効果を高める役割があるそう。)ただし、この温泉に関しては、効用などの体に対する影響についての”根拠”がハッキリしておらず、今後の研究によって、詳しいことが分かってくると思います。

・・以上のように、温泉は数多くの種類が存在しています。
温泉に入って、体を癒したい・・ということは誰しもあるのですが、それぞれの温泉の特徴をよく理解したうえで、入浴することをおすすめいたします。

温泉の種類 その1に戻る。

  • トップページ
  • 温泉とは?
  • 温泉の種類 その1
  • 温泉の種類 その2
  • 温泉の種類 その3
  • 温泉の種類 その4
  • 温泉の種類 その5
  • 温泉地紹介 その1
  • 温泉地紹介 その2

温泉地へ行こう!

あなたにとっての旅行とはなんですか?休日に、ちょっと羽を伸ばしに遠くへ出かけてみたりとか、旅行が好きな人ならば、飛行機や新幹線に乗って乗って遠くへ旅行したり、または、海外へ旅行に出かけたりもすると思います。また、会社の休みの合間に旅行をする人や、まとめて数ヶ月〜一年単位の休みを作って、その間は日本全国・あるいは世界中を旅行する人もいると思います。観光地へ旅行へ出かける人もいると思いますし、自分の足で、ガイドブックだけを頼りに、自分の足のみで旅行をする人もいるのかもしれません。
その中でも”癒し”を求めていたり、体の調子が・・と嘆いているあなたは、どこかへ旅に出るより、有名な温泉の宿などに泊まって、心身を癒したり、料理を堪能したりと、ゆったりとした時間を過ごしたいと考えている方も多いかもしれません。
このサイトでは、特に温泉のことについて、色々なことを書いていこうと思っております。