'."\n";?> 温泉地紹介 その1|温泉情報が満載!温泉トラベラー
旅行情報満載! 温泉トラベラー

温泉の効能や、温泉地の紹介などを行っているページです!温泉について調べたい人たちに!
当サイトは、不定期更新にて、お届けしています。

温泉トラベラー トップ画像

トップページ > 温泉地紹介 その1

温泉地紹介 その1

このページは、温泉旅行に役立ちそうな、温泉地の紹介ページです。

どの温泉地にしようか悩んでいる方、あの温泉地ってどこだっけ・・なんていう方、ぜひご利用ください。

登別温泉

温泉地としては古い歴史があり、江戸時代にはその存在が知られており、明治に入ってからは開発が進み、保養地・観光地となった場所でもあります。

この登別温泉は、古くはアイヌの人々が温泉を、”薬湯”として重宝していたといわれていました。

江戸時代に入ると、探検家・最上徳内が『蝦夷草紙』でその存在を記したのをきっかけにし、その後は数々の人々が立ち入るようになり、明治時代には日露戦争の傷病兵の保養地に指定され、その存在が全国に知られるようになりました。 2004年には「登別温泉地獄谷」が北海道遺産に選定されたのに続き、2008年には、登別温泉・開湯150周年を迎えることとなりました。

また、泉種は、食塩泉・硫黄泉・重曹泉・酸性泉・明礬泉・緑礬泉・石膏泉・芒硝泉・鉄泉など、北海道の大自然を背景として、温泉の種類が多いことでも知られています。

日光湯元温泉

788年、輪王寺を建立したという”勝道上人”によって発見されたと伝えられる温泉地です。「名湯百選」にも選ばれ、長い間、湯治場として発展していった経緯のある温泉街です。この地には温泉寺もあり、温泉が発見された時に建立されていましたが一時期途絶えており、再建されたのは昭和48年のことでした。

この日光湯元温泉は、「酸ヶ湯温泉」「四万温泉」とともに、”国民保養温泉地”に第一号として指定された温泉地でもあります。

草津温泉

草津温泉は、群馬県にある温泉のことなのですが、「温泉のある場所が町になった」というのが正確なようです。林羅山の日本三名泉・名湯百選にも数えられる、名実ともに、日本を代表する名泉の一つでもあります。ちなみに。江戸時代の温泉番付においても、当時の最高位とされる”東大関”にランクされた実績を持つ温泉でもあります。

ちなみに、草津温泉の湯畑の木の樋を通して作られる、”湯の花”は、この草津温泉のお土産物としても知られています。これは沈殿したりなどをした温泉の成分のことで、単価は1、500円程度。毎年1月末頃には、ザスパ草津のメンバーと、湯畑に”咲く”湯ノ花を採取するイベントが、毎年催されています。しかし、この湯の花はすぐに売り切れてしまうため、時期によって・または草津温泉のことをよく知らないという観光客などは、その姿を見ることさえ難しいとされています。

温泉地紹介 その2へ

  • トップページ
  • 温泉とは?
  • 温泉の種類 その1
  • 温泉の種類 その2
  • 温泉の種類 その3
  • 温泉の種類 その4
  • 温泉の種類 その5
  • 温泉地紹介 その1
  • 温泉地紹介 その2

温泉地へ行こう!

あなたにとっての旅行とはなんですか?休日に、ちょっと羽を伸ばしに遠くへ出かけてみたりとか、旅行が好きな人ならば、飛行機や新幹線に乗って乗って遠くへ旅行したり、または、海外へ旅行に出かけたりもすると思います。また、会社の休みの合間に旅行をする人や、まとめて数ヶ月〜一年単位の休みを作って、その間は日本全国・あるいは世界中を旅行する人もいると思います。観光地へ旅行へ出かける人もいると思いますし、自分の足で、ガイドブックだけを頼りに、自分の足のみで旅行をする人もいるのかもしれません。
その中でも”癒し”を求めていたり、体の調子が・・と嘆いているあなたは、どこかへ旅に出るより、伊香保温泉旅館などに泊まって、心身を癒したり、料理を堪能したりと、ゆったりとした時間を過ごしたいと考えている方も多いかもしれません。
このサイトでは、特に温泉のことについて、色々なことを書いていこうと思っております。