'."\n";?> 温泉地紹介 その2|温泉情報が満載!温泉トラベラー
旅行情報満載! 温泉トラベラー

温泉の効能や、温泉地の紹介などを行っているページです!温泉について調べたい人たちに!
当サイトは、不定期更新にて、お届けしています。

温泉トラベラー トップ画像

トップページ > 温泉地紹介 その2

温泉地紹介 その2

石和温泉

山梨県にあるこの温泉は、温泉街としての規模は熱海に次ぐともいわれており、石和温泉街にある宿泊施設は、大小合わせて120軒を超える規模と、とても大きなものです。その種類は団体客向けの大型宿泊施設から、家族向けの旅館・または純和風の高級旅館など、いろいろな温泉宿があります。また、石和温泉には温泉病院も多く、保養や療養としての温泉という一面も持っています。

石和温泉の開湯は比較的新しいもので、1961年に果樹園の中から突如、温泉が湧き出たため、「青空温泉」と呼ばれたことから始まります。
この温泉は湯量が多く、また東京からも1時間半と比較的近いために、大きな発展を遂げることとなりました。団体客向けの歓楽温泉としても栄えたため、大規模な風俗街も合わせて作られました。

しかし、近年は団体客ばかりでなく、個人客の集客のため、これまでのイメージからの脱却も図っています。近隣の笛吹川の鵜飼い、そして八幡神社の太鼓演奏など歴史や文化を強調したイベントを開催し、また山梨特産物である果樹とも結びつけ、ワインを製造するワイナリーが至る所に点在しています。

道後温泉

道後温泉とは、愛媛県松山市に湧出する温泉です。道後温泉は、有馬温泉(兵庫県)・白浜温泉(和歌山県)と並び、「日本三古湯」の一つとされています。

道後温泉の存在は古代から知られており、古名を”にきたつ”(つまり「煮える湯の津」という意味)といわれていたそうです。この表現は、かの「万葉集」の中にもに見られます。
かつて、 この周辺は「温泉郡(湯郡)」と呼ばれていましたが、由来は道後温泉にちなむ地名であったそうです。
また、 愛媛県のかつての名である「伊予国(いよのくに)」という名前自体も「湯国(ゆのくに)」が転じて伊予となった・・という説もあります。

下呂温泉

岐阜県は下呂市にある下呂温泉は、かつて”林羅山”という儒教者が、有馬温泉や草津温泉とともに「日本三名泉」に挙げたことから、現在でも「日本三名泉」の一つと称されていて、全国的にも有名です。

下呂温泉の始まりは、延喜年間から天暦年間の頃、現在の下呂温泉の温泉地から離れた場所に、「湯が峰」の山頂付近に温泉が湧き出たのが始まりとされています。 1265年に一度山頂から湧き出ることが無くなりましたが、その後、現在の温泉地である飛騨川の河原に湧き出ているところを発見されました。この一連のいきさつが、開湯伝説における「白鷺伝説」として伝わっています。

泉質はアルカリ性単純温泉・おみやげ物の一つに、「さるぼぼ」とよばれる、赤い服を着た、”のっぺらぼう”の人形があります。

(他、温泉地紹介は、まだまだ更新する予定です。)

  • トップページ
  • 温泉とは?
  • 温泉の種類 その1
  • 温泉の種類 その2
  • 温泉の種類 その3
  • 温泉の種類 その4
  • 温泉の種類 その5
  • 温泉地紹介 その1
  • 温泉地紹介 その2

温泉地へ行こう!

あなたにとっての旅行とはなんですか?休日に、ちょっと羽を伸ばしに遠くへ出かけてみたりとか、旅行が好きな人ならば、飛行機や新幹線に乗って乗って遠くへ旅行したり、または、海外へ旅行に出かけたりもすると思います。また、会社の休みの合間に旅行をする人や、まとめて数ヶ月〜一年単位の休みを作って、その間は日本全国・あるいは世界中を旅行する人もいると思います。観光地へ旅行へ出かける人もいると思いますし、自分の足で、ガイドブックだけを頼りに、自分の足のみで旅行をする人もいるのかもしれません。
その中でも”癒し”を求めていたり、体の調子が・・と嘆いているあなたは、どこかへ旅に出るより、有名な温泉の宿などに泊まって、心身を癒したり、料理を堪能したりと、ゆったりとした時間を過ごしたいと考えている方も多いかもしれません。
このサイトでは、特に温泉のことについて、色々なことを書いていこうと思っております。